上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細菌性髄膜炎

皆さんはこの病気を聞いたことがありますか?

ユウチコは、tetty先生から聞くまでは全く知りませんでした。←先生が紹介した記事にリンクしています。


細菌性(化膿性)髄膜炎とは・・・
脳や脊髄(せきずい)を包む髄膜に細菌が入って起こる。年間1000人近くの子供が発症し、半数以上は0~3歳に集中する。患者の約5%が死亡、15~20%に後遺症が残る。抗生物質で治療するが、薬の効かない耐性菌も増えている。


原因菌は・・・
全体の6割以上がインフルエンザ菌タイプB(Hib)が原因で、肺炎球菌と合わせると9割を占めている。髄膜炎には、無菌性髄膜炎細菌性髄膜炎があります。その他、髄膜炎菌、リステリア菌、大腸菌、クレブシエラ属の菌、、B群レンサ菌などがあります。
乳幼児に感染しやすく、いずれの菌も自然界に存在し、主に感染者の呼吸器の分泌液に接触するこどで感染し、発症します。


Hib(ヒブ=インフルエンザ菌Bタイプ)とは・・・
肺炎や敗血症など様々な感染症の原因になる細菌。冬に流行するインフルエンザを引き起こすウイルスとは全くの別物なんです。


症状・・・・
発熱、頭痛、首の硬直、咽頭痛、嘔吐など、これらの症状が現れる前に、せきなどの呼吸器系の症状が出ることもあります。さらに、皮膚の下の細い血管が炎症、出血を起こし皮膚に発疹が現れることもあります。
細菌が、髄膜から脳に波及し髄膜脳炎になる場合もあります。


治療・・・
脊髄(腰椎)穿刺で検査(髄液検査)し、細菌性髄膜炎が疑われたら、ただちに高用量の抗生物質を静脈内に投与されます。非常に容体にの悪い場合は脊髄穿刺を行う前に抗生物質を投与される場合もあります。生後6週間をすぎた子供は、永続的に神経障害が残るのを予防するためにコルチコステロイド薬を投与します。
近年では、菌の薬剤に対しての耐性化がが急速に進んでいて、適切な治療が難しくなってきているそうです。


後遺症・・・
迅速で適切な治療が施されても、細菌性髄膜炎を起こした新生児においては約30%は死亡しています。月齢の高い乳児・小児であっても、ヒブ(Hib)が原因・・・3~5%、肺炎球菌が原因・・・10~15%、脳膿瘍がある子の場合・・・25%の子供が死亡しています。
そして、生存した子供達の10~20%に脳と神経に重大な損傷が生じ、脳室の拡大(水頭症)、難聴、脳性まひ、精神遅滞などを引き起こし、また多くの子供達に学習障害、軽度の難聴、ときおりのけいれんなどの後遺症が残っています。


ヒブワクチンとは・・・
現在、アジア・アフリカを含む100ヶ国以上で導入され、WHO(世界保健機関)の推奨により、94ヶ国で定期接種になっています。アメリカでは、1987年にワクチンが認可されて以来、Hib感染症の罹患率は100分の1に減少、1990年には定期接種となり標準スケジュールで生後2・4・6ヶ月及び、12~15ヶ月に接種され、イギリスでも1998年には5才未満人口の10万人あたり0.6人にまで減少したと報告されています。
日本では、2007年1月26日に正式に承認されましたが、接種はまだできません。(商品名:アクトヒブ 製造販売元:サノフィパスツール第一三共ワクチン株式会社、製造元:仏・サノフィパスツール社、販売元:第一三共株式会社)


接種の費用は・・・
Hibワクチンの接種対象は、2ヶ月以上5才未満。
生後2ヶ月以上7ヶ月未満は、4~8週間隔で3回接種し、1年後に1回接種する。
7ヶ月以上12ヶ月未満は同様に2回接種し、1年後に1回。1才以上は1回のみ。

つまり、最大で4回接種することになり、1回の費用は約7000円。もちろん、自己負担になり約3万円の費用がかかります。

でも、3万円で命や、後遺症が防げると思えば・・・。



いかがですか?皆さん!!
小さい子供を持つ親として、これは本当に怖い病気ですよね~。
WHO(世界保健機関)は1998年にHibワクチンの乳児への定期接種を推奨する声明を出してから、早くも10年・・・。日本のワクチン事情は、先進国の中でもっとも遅れていると専門家も言っています。
少子化が進む日本、子供のためのワクチンが未だに接種できないのが残念です。
一刻も早い接種開始と、定期接種をして欲しいです。



Hibから子供を守る為の活動をしている団体があります。
詳しくは「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」HPをご覧ください
http://www.k4.dion.ne.jp/~zuimaku/
オンライン署名も非常に簡単に可能です。
http://www.k4.dion.ne.jp/~zuimaku/a4a-1.html




訪問されましたらクリックをお願いいたします☆私も訪問したときは、クリックをさせていただきます。ご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へにほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

スポンサーサイト
テーマ:パパ育児日記。
ジャンル:育児
コメント
う・・・難しくてよく分からないのだけど・・・つまり、これは任意で受ける予防接種なの??
市で推奨されてる予防接種一覧とかにも全く書いてないんだけど、これって一体何だろ??
でもさ~任意で受ける予防接種って本当にお高いよね~。
おたふくとか水疱瘡とか去年受けたけど、2つで余裕で1万超えたよ・・・。
2008/05/09(Fri) 18:32 | URL | あさぼぅ | 【編集
あさぼぅさま

二つで一万円!高い!高すぎる!日本は子供に厳しい国ですな~。
2008/05/12(Mon) 00:30 | URL | ユウチコ | 【編集
こんにちわ。こちらでは初めましてです。
Hibワクチン、先日テレビ番組で取り上げられているのを見て、
とても気になっていたので興味深く拝見させて貰いました。
私も日本でも早く定期接種出来るように沢山の人にHibワクチンのこと知ってほしいと思います。
2008/05/12(Mon) 18:20 | URL | tamayumi8372 | 【編集
tamayumi様

初のコメントありがとうございました☆
知らないよりも、知っているほうがいいですからね☆政府ももっと、PRしたほうがいいと思いますね。日本には、子供が必要なんですから。
2008/05/13(Tue) 13:06 | URL | ユウチコ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
無菌性髄膜炎 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…
2008/05/27(Tue) 02:02:06 |  病名・病気・医学のブログリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。